週刊税務通信
消費税の軽減税率制度に関するアンケート

 平成29年4月の消費税率10%への引上げと同時に軽減税率制度が導入されます。

 これに伴い、複数税率に対応した仕入税額控除の方式として「適格請求書等保存方式」(インボイス制度)を33年4月1日から導入することや、それまでの間は、簡素な方法として「区分記載請求書等保存方式」とすること、さらに、区分経理が困難な事業者を対象として「税額計算の特例」を創設することなどが決まっています。

 そこで編集部では、実務家の皆様から軽減税率制度に関する疑問点やご意見等を募集し、記事・企画の参考とさせていただきたいと考えております。ご協力をお願い致します。

問1 御社の業種をお聞かせ下さい。
※全角32文字以内
問2 疑問等がある区分を選択し、具体的な内容をお書きください。(複数回答可)
(1)対象品目の範囲
(2)区分記載請求書
(3)税額計算の特例
(4)適格請求書
(5)適格簡易請求書
(6)仕入税額控除の要件
(7)税額の計算方法
(8)免税事業者からの課税仕入れ
(9)税率の引上げに関する経過措置
(具体的な疑問等)

※全角2000文字以内
問3 その他、疑問等があればお聞かせ下さい。

※全角2000文字以内

ご協力ありがとうございました。 以下の項目にもご記入ください。
法人名・事業所名

担当者名

電話番号
- -
FAX番号
- -
メールアドレス

(確認用)

●個人情報の取扱いについて
 ご記入いただきました個人情報は、ご質問に関する連絡以外には利用しません。
 また、記載情報については厳重に管理し、第三者に開示することはございません。

ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、 プライバシーマークやISO27001/JIS Q 27001,ISO20000-1,ISO9001の認証を取得している 株式会社パイプドビッツによる情報管理システム「スパイラル」で安全に管理されます。