TJK「福利厚生制度」アンケートご協力のお願い

TJKでは全加入事業所を対象に福利厚生制度に関するアンケートを実施させていただきます。
経営者もしくは福利厚生の担当の方にご回答をお願いいたします。
IT業界でも人手不足が深刻な状況になっており、人材確保のためにも福利厚生制度の充実は重要な役割を果たしています。
また、コロナで加速した働き方の多様化もあり、各事業所での福利厚生制度の考え方も変化してきているものと思います。
今回、ご回答いただいた結果については、皆様にフィードバックさせていただきますので、今後の福利厚生制度のご検討のお役立ていただければ幸いに存じます。
お答えいただきました結果は、厳正に管理を行い統計の作成を目的に利用させていただきます。
ご回答期限:2022年11月25日(金)

【アンケートの留意点について】

1.ご回答基準日について
  2022年11月1日現在の内容にてご回答ください。
2.記入方法について
  ・「複数回答可」の場合は、当てはまるものすべてにチェックを入れてください。
  ・ご回答にお差支えのある質問事項は空白のままで結構です。

  ◆その他、内容などご不明な点がございましたら下記までお問い合わせ願います。
   TJKベネフィット 担当 野保
   〒102-0071 東京都千代田区富士見1−12−8TJKプラザ
    TEL:03-3556-7881 FAX:03-3239-9714
    E-mail tjkbenefit.support@benefit.tjk.gr.jp

 1.貴社について教えてください。

●貴社名*回答必須


●貴社の従業員数を次の中から選んでください。*回答必須

 2.弔慰金(死亡退職金)への対応についてお伺いします。

Q1.弔慰金(或いは死亡退職金)支給のための資金はどのように手当てしていますか。(複数回答可)

   ※2〜5にチェックした場合、こちらに具体的にご記入ください。(全角128文字以内)


Q2.弔慰金制度がある場合、従業員死亡の場合の弔慰金額はどのような基準で決まりますか。(複数回答可)

   ※7.その他にチェックした場合、こちらに具体的にご記入ください。(全角128文字以内)


Q3.TJKには弔慰金制度の財源準備に最適な生命共済制度がありますがご存じですか。

   ※2、4にチェックされた方は、こちらにご連絡先を記入ください。(全角128文字以内)

例:部署名、ご担当者氏名、ご連絡先(TEL、メールアドレスなど)

 3.退職金(年金)への対応についてお伺いします。

Q4.実施している企業年金制度等はどのようなものがありますか。(複数回答可)

   ※5.その他にチェックした場合、こちらに具体的にご記入ください。(全角128文字以内)


(Q4で1、6にチェックされた方にお伺いします)

Q5.今後、企業年金制度を導入しようとお考えですか。(複数回答可)

   ※4.その他にチェックした場合、こちらに具体的にご記入ください。(全角128文字以内)


Q6.今後、企業年金制度の導入を検討されている場合、必要であれば金融機関等(TJK関連団体のJJK企業年金基金または TJK生命共済制度の幹事会社でもある住友生命)を紹介させていただきます。 必要な場合は下記にチェックください。

   ※1にチェックされた方は、こちらにご連絡先を記入ください。(全角128文字以内)

例:部署名、ご担当者氏名、ご連絡先(TEL、メールアドレス)

 4.従業員の自助努力制度支援についてお伺いします。

Q7.従業員の生活支援のため、どんな社内セミナーがあったらよいと思いますか。 また、既に実施している社内セミナーがありましたら教えてください。

                         
 あったらよい   実施している 
・該当する
1.入社してからのライフプランについて
2.退職後のライフプランについて
3.資産形成(含むDC投資教育)について
4.健康増進について
5.がん教育・対策について
6.その他
7.実施している社内セミナーはない

   ※6.その他について、こちらに具体的にご記入ください。(全角128文字以内)


 5.健康経営への取組みについてお伺いします。


「健康経営」とは
「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても大きな成果が期待できる」との基盤に立って、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践することです。 従業員の健康維持・向上への投資が、従業員のモチベーション向上や企業価値向上にもつながるとして取り組む企業が増えています。

Q8.「健康経営」に関心がありますか。

   ※1、2にチェックした場合、こちらに具体的にご記入ください。(全角128文字以内)


Q9.「健康経営」に取り組む際に課題になること(課題だったこと)はどのようなことですか。(複数回答可)

   ※8.その他にチェックした場合、こちらに具体的にご記入ください。(全角128文字以内)


Q10.従業員の健康増進のために取り入れたいこと(取り入れていること)はどのようなことですか。(複数回答可)

   ※11.その他にチェックした場合、こちらに具体的にご記入ください。(全角128文字以内)


Q11.日本健康会議と経済産業省が実施する「健康経営優良法人」認定制度をご存じですか。

「健康経営優良法人」とは
地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。 健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、 戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

Q12.「健康経営優良法人」の認定を取得するために、どのようなサポートがあればいいと思いますか。(複数回答可)

   ※5.その他にチェックした場合、こちらに具体的にご記入ください。(全角128文字以内)


 6.その他福利厚生制度全般についてお伺いします。


Q13.従業員の就業不能時の給与保障(補償)は行っていますか。また、具体的な内容を教えてください。

   ※1にチェックした場合、こちらに具体的にご記入ください。(全角128文字以内)

例:内部留保で対応、損害保険で対応、具体的内容:補償期間〇年、保障内容:月歳給の〇%程度

Q14.従業員の就業不能時の給与保障(補償)を今後検討される場合、当組合が契約している代理店(株式会社トータル保険サービス)を紹介いたします。 必要な場合は下記にチェックください。

   ※1にチェックされた方は、こちらにご連絡先を記入ください。(全角128文字以内)

例:部署名、ご担当者氏名、ご連絡先(TEL、メールアドレス

Q15.法律で定める以外で、親族の介護のために従業員が利用できる福利厚生制度はありますか。(複数回答可)

   ※2、6にチェックした場合、こちらに具体的にご記入ください。(全角128文字以内)


Q16.現在、福利厚生制度の拡大もしくは縮小を検討していますか。

   ※1、3にチェックした場合、こちらに具体的にご記入ください。(全角128文字以内)


Q17.現在、福利厚生制度に関し最優先課題と考えていることはどのようなことですか。(全角128文字以内)


ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、プライバシーマークやISO27001/JIS Q 27001, ISO27017, ISO20000-1, ISO9001などの認証を取得している株式会社パイプドビッツによる情報管理システム「スパイラル」で安全に管理されます。